心療内科で処方箋をもらう

看護師

最新の抗うつ剤について

昔ながらのイメージでは心療内科はカウンセリングを行ってくれるところでしたが、今は抗うつ薬の処方を受けることができます。そういった薬を使った治療でうつ病を治す、これにあまりしっくり来ていない人は多いですが、その効果はあまりにもはっきりと出てくるものです。うつ病が危険な病気といわれているのは、自覚しないうちに病状が進行してしまい、生活するうえでけがをしてしまうような行動をとってしまうことがあり得るからです。また、場合によっては、それによってトラブルが起こるからとされています。処方されるものを服薬すると気分が落ち着き、それによって危険な行動を起こさなくなるというとても大きな効果を発揮するのです。ただ気を付けるべき点としては、危険な行動とは暴れるという意味ではなく、自傷行為などの静かなものも含まれているという点にあります。つまり見た目おとなしいからといって服薬をしなくてもいいと判断するべきではなく、医師に言われた期間ずっと飲み続けなくてはならないのです。服用の際には用法容量を守るのが重要とされていますが、それは飲みすぎないだけでなく飲み続けるということも意味していることをよく覚えておきましょう。うつ病の薬の相場は保険が適用されるので割と安く、一般的に想定されるよりも経済的に治療していくことができます。また、評判に関しても現在使用されている抗うつ薬はかなり良いものであり、副作用の心配はまずないといえるでしょう。こういった精神病に効く薬というのは副作用が強いというイメージがありますが、それはどちらかといえば用法容量を守らなかったときに出る症状がもとになっています。しっかりと飲み続けていくことで何の副作用も生じることなく、本人も周囲の人間も誰もけがをせずにうつを完治させることができるでしょう。評判のいい薬とは副作用の少ないものであるといえますが、実際に体感できる副作用というものは今の抗うつ剤ではないといえます。医師に処方される薬であればそのまま気にせずに飲み続けることができるので、あまり評判などを気にしすぎる必要性はないでしょう。費用をより低く抑えて治療していきたいと考えているならば処方される薬の量を減らしてもらい、長期的なうつ病治療に取り組むことを覚悟するべきです。

手

心の病を知る

うつ病になったらまずは治療が受けられる診療科を確認します。クリニックや病院がありますが、それぞれの特徴を把握して医療機関を選びましょう。うつ病では薬を使った治療方法が一般的ですが、最近では認知行動療法と呼ばれる治療方法にも注目です。

詳しく見る

ウーマン

治療の実態と流れ

うつ病は休養をとる事と薬の服用で治療します。休養をとらなくてはならないため仕事を長期に渡り休まなくてはならない場合もあります。家庭環境が悪く自宅での休養がうまくいかないような時は入院するケースもあります。

詳しく見る

診察

早期発見で対応

仕事のストレスや対人関係のもつれなどでうつ病になる人が増えています。もしうつ病と感じたら精神科クリニックで早期のうちに診察を受けることです。精神科クリニックでは抗うつ剤などの薬による治療を行ってくれます。

詳しく見る

ハート

ツラい症状を和らげる

うつ病患者の中には、副作用の心配からも、薬の服用を躊躇ってしまう場合があります。現在、薬にも色々なタイプがありますし、試してみなければ先には進めません。必要なのは本人の意志ですが、不安なく進めるには周りの携わり方も重要性を持っています。

詳しく見る

再発を防ぐために

何度も病相を繰り返すと再発頻度が高くなるうつ病は、再発防止に注力することが大切です。薬の服用を勝手に止めないことや、物事の捉え方をプラスに持っていくことなどの工夫が必要です。また、様々な角度から見て原因などを考える医師が優良といえます。

詳しく見る

Copyright© 2018 処方された薬をきちんと服用してうつ病を治す【用法容量を守る】 All Rights Reserved.