治療の実態と流れ

ウーマン

種類と症状について

うつ病の治療は精神科や精神神経科で行なう事になります。うつ病が原因で身体的に症状が出ている場合もありそれを治そうと内科に行ってしまう事もあります。内科での治療がうまくいかなければ精神科や精神神経科を紹介されます。その他に心療内科を紹介される場合もあります。心療内科とは心の病気が原因で身体に症状が出ている患者を対象とした医療機関です。うつ病の治療では基本的には休息と、薬の服用なので休息を取るために長期にわたり仕事を休まなくてはならない事もあります。家庭環境から自宅では休養しづらい時は入院になるケースもあります。入院に関してはもちろん医師からのアドバイスで本人の意思により決定します。休息を取りながら薬を服用してその後の症状の変化から医師が処方を変えて治療を続けます。症状が軽くなってきたあたりで生活習慣の改善や思考パターンに問題がある場合は考え方を変える認知行動療法を行います。うつ病は再発の危険性も高く症状が軽くなっても自己判断で薬をやめたりせず気長にかまえて治療を受けます。一般的にうつ病と言うと大うつ病性障害を指します。不安や気分の落ち込みと患者によっては食欲低下や不眠などが症状として現れます。この症状が2週間以上続いた時に大うつ性障害と診断されます。薬の服用と休養をとりながら治療していきます。その他新型うつと呼ばれているものがあり、何か楽しい事があると症状がなくなり2週間以上継続してうつの症状は出ません。症状が継続しないため大うつ性障害とは診断出来ないのです。しかし患者本人は症状が出ている時は苦しい訳です。この新型うつは薬が効きづらく、休養をとるよりも少しは頑張った方が良いようです。このタイプのうつでは今現在では医学的な定義が曖昧で医師の判断に委ねられています。仮面うつ病と呼ばれている、見た目はうつ病とはわからず身体的な症状が全面にでるタイプもあります。これは身体的な症状があるので内科に行き薬を飲んでもあまり効かず検査をしてもどこも悪いところは発見されません。症状が改善されないので医師が心の病気ではと考え心療内科や精神科を紹介されて、そこでうつ病が原因で身体的な症状が出ていたと判明します。

Copyright© 2018 処方された薬をきちんと服用してうつ病を治す【用法容量を守る】 All Rights Reserved.