心の病を知る

手

知っておきたい情報

現在はストレス社会ともいわれており、誰もが心の病気にかかる可能性があります。心の病気といえば真っ先にイメージするのがうつ病ではないでしょうか。うつ病とは気分の落ち込みや興味の減退などの症状が長期間続き、その影響で日常生活にも支障を期待している状態をいいます。うつ病かもしれないと判断できれば、クリニックなどの医療機関を受診して治療を受ける必要があります。うつ病になったときのクリニックの選び方ですが、まずは医療機関の診療科を確認しましょう。精神科や精神神経科、心療内科やメンタルヘルス科などは心の病気を扱っています。色々な診療科があるように見えますが、診察内容には大きな違いはありません。また、医療機関にはクリニックと病院があります。クリニックは数が多く、利便性の良い場所を選ぶことができます。一方病院は入院施設があるので、症状が重いときに受診します。治療内容も医療機関を選ぶ上で重要なポイントです。うつ病の場合、一般的には薬を使った治療が行われます。また医療機関によっては薬の治療だけでなく、デイケアなどの集団プログラムについて相談できるところがあります。うつ病にかかったら正確な知識を持つことが非常に重要です。何故なら、正確な知識を持つことでしっかりと病気と向き合うことができ治療に良い影響を与えられるからです。まずうつ病はれっきとした病気であるため、専門的な治療が必要であります。今でこそうつ病に対する知識が広まっていますが、中には心の弱い人などのレッテルをはる人も少なくありません。しかしうつ病は内の神経伝達物質の働きが低下して活力不足となった状態であり、それによって気分の落ち込みや興味の減退が続いています。そのため、単なる気のもちようだけでなく、薬を使うなどの専門的な治療が必要となるのです。またうつ病というと薬による治療がイメージされますが、最近では認知行動療法と呼ばれる治療に注目が集まっています。認知行動療法とは、認知と行動にスポットを当てて治療を進める心理療法です。認知行動療法では、患者自身が自分の気持ちを再び自分で立て直すことができるようします。そのために色々な心理学的手法を用いて、患者のサポートを行っていくのです。

Copyright© 2018 処方された薬をきちんと服用してうつ病を治す【用法容量を守る】 All Rights Reserved.